歯を失ってしまったら早めに補う治療が必要です~入れ歯・インプラント・ブリッジ~

虫歯や歯周病といったお口の病気、交通事故、スポーツの衝撃など、さまざまな理由で歯を失ってしまうことがあります。前歯を失うと目立つため、ほとんどの方は歯科医院を受診されますが、あまり目立たない奥歯などは「面倒だ」とそのまま放置する方が少なくありません。しかし、歯を失ったままにしておくと、歯列のバランスを大きく乱してしまうこと、ご存知でしたか?

歯を失った空間には、両隣の歯が倒れこんできます。また咬み合う歯も伸びてきます。さらに、歯で咬む刺激が顎の骨に伝わらなくなることから、顎が急速に痩せてくるのです。こういったことが重なると、歯列の崩壊につながるのも時間の問題。健康な歯を失ってしまうことなく残すためにも、歯を失ったらすぐに補綴(ほてつ)治療を開始する必要があります。

当院では、患者さんのお口の状況に最適な治療法をご提案しています。歯を失ってお困りの方は、一度当院へご相談ください。

補綴(ほてつ)治療の比較~入れ歯・インプラント・ブリッジ~

歯を失ったときの治療法として、現在は、入れ歯・インプラント・ブリッジの3つの中からお選びいただけます。それぞれの治療についてよく理解し、ご自身に合った治療法をお選びください。

  入れ歯(義歯) インプラント ブリッジ
治療法 歯型を採って、取り外し可能な人工の歯と歯ぐきを装着する治療法。ほぼどんな症例にも対応可能。治療に対する身体的負担が少ない。 顎の骨にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋め込み、上部に人工歯を装着する治療法。外科手術が必要で、保険が適用されないため治療費が高額になる。 両隣の歯を削って、そこへ橋をかけるように連結した人工歯を装着する治療法。隣の歯が健康な場合はその歯を大きく削ることになるため、身体へのダメージは小さくない。
使い心地 ピッタリ作られたものでも異物感は避けられず、慣れるのに時間が必要。咬む力も低下する。 顎の骨にしっかり固定されるため、自分の歯のような感覚で咬める。自然な見た目に仕上がる。 見た目や使い心地はよい。ブリッジの下に食べかすが詰まりやすいので、手入れが難しい。
耐久性 保険適用だと壊れやすいため修理や調整が必要となり、自費の入れ歯だと耐久性が高いものができる。 メインテナンスがしっかりできていれば、長期の使用が可能。 お口の変化に合わせて、作り直しが必要となることもある。
周囲の歯への影響 金属バネを用いた部分入れ歯の場合、支えとする周囲の健康な歯に負担をかけることがある。 1本から独立して埋入するため、周囲の歯への負担はない。 健康な歯を大きく削り、支えとするため、負担は大きい。将来的に、支えとなる歯を失う原因となることがある。
治療回数・時間 比較的短期間に治療が完了する。早ければ2-3回程度の来院で入れ歯が完成。 顎の骨と人工歯根が結合するのを待つため、治療回数は少なくても、比較的長期間の治療となる。最短でも4~6ヶ月、長期の場合は年単位となる。 歯の状態にもよるが、3~5回の治療で完了する。
麻酔 歯型を採るだけなので、麻酔の必要はない。 抜歯と同じような外科処置のため、麻酔をしてからの治療となる。 お口の状態によって、麻酔を施すこともある。

ページのトップへ戻る

入れ歯の種類

【保険入れ歯と自費入れ歯の比較】

患者さんのご希望に応じて、保険の入れ歯と自費の入れ歯をお選びいただけます。大きな違いは、保険診療では使える素材が限定されるのに対し、自費診療の場合は、豊富な種類の素材やタイプの中からぴったり合うものが選べるというメリットがあります。また、保険診療ではプロビジョナルレストレーション(精密な仮歯)を使用しませんが、自費診療であれば使用できます。

ノンクラスプデンチャー

「クラスプ」とはバネのことを指します。ノンクラスプデンチャーは、金属バネを使用しない部分入れ歯です。柔軟性のある樹脂製素材で、歯ぐきへの吸着がよく、使い心地も見た目にも違和感の少ない部分入れ歯となります。保険適用の部分入れ歯(金属バネ付き)の、支えとする歯への負担が大きいというデメリットを解消しています。

マグネットデンチャー

磁石で入れ歯を固定する方法です。歯根が残っている場合、そこへ超小型の磁石を埋め込み、入れ歯をぴったり吸着・安定させます。取り外しが可能なため、お手入れも比較的楽に行えます。歯がない方の場合は、インプラントを埋入して磁石を取り付けることができます。

金属床義歯(コバルトクロム)

保険適用の入れ歯の最大のデメリットが、床(歯ぐきに当たる部分)に厚みが出てしまい、使い心地が悪いという点があります。それを解消するのが、床に金属を使用した「金属床義歯」です。耐久性が高く、薄いのに丈夫で違和感の少ないのが特徴です。金属は熱伝導性に優れているので、食べものの温度をしっかり感じることができると言われています。当院では、金属床の中でも比較的費用負担を抑えられるコバルトクロムをおすすめしています。

入れ歯は使っているうちに、次第に合わなくなってくるものです。調整や修理も承っていますので、現在お使いの入れ歯にご不満や使い心地の悪さを感じていらっしゃるなら、お気軽に一度、当院へご相談ください。

インプラントについて

近年注目されるインプラント治療ですが、すべての患者さんに適した治療法かというと、疑問が残ります。その理由としては、

  • 重症の全身疾患があると、治療を受けられないケースがある
  • 顎の骨量によっては、インプラントが埋入できない、無理やり埋入することで顎の骨に重大な損傷を与える、といったトラブルを引き起こすことがある
  • インプラント治療後は、「インプラント周囲炎」という歯周病に似た特有の病気を引き起こしやすいため、継続したメインテナンスが必要
  • などが挙げられます。

これらの条件や治療のメリット・デメリットを患者さんが十分理解して選択されるならば、インプラント治療は自分の歯のように咬める力が取り戻せる画期的な治療法です。見た目にも自然ですし、しっかりケアができていれば長期の使用が可能です。

当院では、患者さんのお口の状況、症状、今後のライフスタイルなどをしっかり考慮し、的確な診断と治療法をご提案いたします。入れ歯、インプラント、ブリッジのどの補綴治療も高い技術力で提供させていただきます。歯を失ってお困りの方、また、現在お使いの入れ歯にご不満がある方、入れ歯を作り直したい方、インプラント治療に関心がある方は、お気軽にお問い合わせください。

ご予約、お問い合わせ、ご相談はこちらからお気軽にどうぞ  えつお歯科医院  電話 0120-40-5445(042-965-5445)休診日 水・日・祝

ページのトップへ戻る